スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また更新が途絶えたことはこの際なかったことにして。

モロッコから帰ってきたら、苗木生産が始まっていました。
最後の苗木生産なんだから全ての作業をやんなさいと言われ、毎日活動の合間に苗畑での作業をしています。



2010年に苗木生産研修を同僚と一緒に受けたにも関わらず去年の生産シーズンはまるまる退避していて、今年ようやく本格的に苗畑での仕事ができています。







ポットに土を詰めて、並べて、種をまき、毎日水をやる。






簡単そうですが、ブルキナの太陽のもと土いじりをするのはそう簡単ではありません。
なんたって暑いもの。一番暑い時期だもの。




まず土や砂、堆肥を混ぜて、それをポットに詰めていくわけですが、
単純作業だけど数こなさなければならないので結構大変。6000程のポットをつくりました。




それらのポットを苗畑に並べる作業も、ただ並べればいいってもんではありません。数がきちんとわかるように、杭と紐でラインを決めて、整列させます。10×100で一並びといったところ。
列と列の間は、一輪車が入れる位の隙間をあける必要があります。後々運び出し作業を容易にするためです。

並べる



簡単な作業の連続ではあるけど、頭は使わなきゃならんのです。



それから、種をまくといっても、まずその種を自分で採ってこないといけません。(ワガには種子センターがあるけど、自家採取出来るものはします。)
写真は、ニームの種子採取と、フランボワイヤンの種子採取の様子。

▼ニーム。
ニーム


▼フランボワイヤン。
フランボワイヤン



ニームはまだいいけど、フランボワイヤンは固くて大変!
大きなナイフを使って、パカッと割ります。綺麗にとれると気分爽快。



発芽処理(熱湯や酸に浸ける)をして、種まき。一つのポットに2つずつ。

▼バオバブの種まき中。
バオバブの種まき



それから毎日水やり。これは環境省のガルディアンがやってますが、彼は列のはじっこまできちんと水やりをしない!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/なので、真ん中と端っこで発芽率に差があります。






退避の間、5カ月間実家で農作業の手伝いをしていましたが、
今年はブルキナでも似たようなことやってるな、と1人でにやにやしています。



父さんがかぼちゃの苗に水をやる時、はじっこまでしっかりかけなさいよと言っていたのを、上司が「水はちゃんとやれよ!」と怒っているのを見てふと思い出してみたり。



野菜と苗木という違いはあるけど同じ植物を相手にしているんだもの、共通することはたくさんあります。





退避がなかったら、という思いはありません。あの5カ月が今に生きていると実感できるからです。もともと土いじりは好きだったけど、両親に色々教えてもらったあの時間は、本当に貴重だったと思います。




自分が蒔いた種が大きく育つまではいられないけど、帰るまではしっかり面倒みます(^-^)


大きくなれよ~


おわり。

疲れさすな~

最後の授業の時に、ゆずの「サヨナラバス」を弾き語りながら1人で勝手に涙ぐんでいる勘違いですが何か。






今日で、最終上京(帰国の為に首都に行くこと=もう任地には戻れない)まで2カ月となりました。






あまりにも暑くて、学校まで行くのに必死、職場である環境省に帰るのも必死。ブルキナべはいつもと同じようにの~んびりしているのに、私としては気が付くと一日が終わっている感じ。




いや、ほんとに暑くてね、びっくりしています。去年はここまで暑いとは思わなかったけど、昼に帰ると家の中がもわっとしていて、風を通そうとすると家の中なのに熱風。外をチャリで走ろうものなら、太陽光線と熱風のダブルパンチ。ワガ以南ではたま~に雨が降ったりしているそうですが、ヤコのある北部州には1滴たりとも落ちてきません。








昨日から、我が環境省では、ある研修が行われています。苗木生産研修。北部州ピースコー(アメリカのJICAみたいな)のボランティアが、それぞれの同僚と一緒にヤコにやってきて、3日間の日程で苗木生産に必要な知識・技術を勉強しています。講師はDP。ピースコーでは、毎年1回各州単位でこのような研修を行うことになっているようです。




どこに苗畑を作るか、どのように作るか、植林準備は、などなど研修項目は多岐に渡り、私も自分の活動がひと段落してからのぞき見しています。これまであまりアメリカ人と関わったことがなかったけど、彼らはおもしろいですね。平均年齢が若いというのもあるかもしれないけど、いつも楽しそう。わいわいガヤガヤ。日本人には、というか少なくとも私にはないはじけた感じがありますね。






ただ一つ!!がっかりしたことがありました。





研修が終わり彼らが帰った後、何気なく研修場所をのぞいてみると…










水のサッシェがたっくさん!!ポイポイ捨ててある!!!!!









ブルキナべがポイポイ捨てるのはもう見慣れてしまった光景だけど、まさかアメリカ人の彼らも同じことをしているとは…正直ショック(-_-;)拾ったけどさ。全部。






私がゴミ拾いしてる姿を見て、上司が「それピースコーだろ?」と。





そうなんだよねー、と言うと、さらにがっかりな話をしてくれました。





植林準備の実習をした際、まわりにサッシェが落ちてるので拾ってから始めてね、と言ったら、一言「なんで?」と言われたんだそうです。






そして、追い打ちをかける一言。








「その辺にいっぱい落ちてるじゃん!」












これは…ブルキナべの言い分と全く同じではないか!!



もちろん、全てのアメリカ人が、というわけではありません。私はそれを話として聞いただけだし。でも、あのゴミの散乱ぷりから推すと、今回参加した彼らのうちの多くがそう思っているんじゃないかな。あくまで推測ですが。





協力隊みたいにボランティアとして先進国から来た人間は、この国のゴミ問題に少なからず心を痛めていて、そして少なくとも自分のゴミは自分で始末しようと思っているものだというのは幻想にすぎないのだと、初めて気付かされました。





苗木生産研修を受けて、これから植林推進していこうっちゅう人が、植林をする場所のゴミ問題にはノータッチ、ていうか自ら捨ててしまっているというのはいかがなものか。なんだか非常に悲しい気持ちになったのでした。







なんかとりあえず疲れた。寝る。





おわり。

端切れサッカーボール

ヤコから約4キロのところに、ヤコ市に行ったことない!という子どももいるような小学校があります。




本来、学校にはポンプ等が近くにあるべきなのですが、この学校は500M以上も離れた村のポンプまで水を汲みにいかなければなりません。




主に黒板を消すための水や、飲み水になっていて、手洗いやトイレ掃除、木に水やりするための水までは確保できず、初めて訪問した時、「環境教育や衛生教育をやるのはいいけど、現状では、実際に行動に移せるとは思わない」と言われました。




それでも、校長先生は意識の高い方で、少しでも水汲みの負担が軽減されるようにと、父母会と話し合って手押し車を買いました。それまでは、子ども達がバケツを一つひとつ持って汲みに行っていたのです。





何かお手伝いできることはないかしら、と思っていたら、この学校のロケーションに目とまりました。ルートワイグヤから少しだけ奥まった場所にあるこの学校。近くの村では、通っていく車から捨てられたであろうビニール袋が意外と目立ちました。





これを使ってボールを作りませんか、と校長先生に提案したところ、APP(生産実習活動)でやることが全然なくて困っていたので、ぜひやりましょうと言って下さいました。





このボールというのは、服の仕立て屋さんで余った端切れをもらってきて五角形と六角形に切り、サッカーボールの形に縫い合わせ、中にビニール袋などのゴミを詰めてボールにするというもの。縫い合わせるのは自分でもできるけど、私はミシンでやってくれる仕立て屋さんにお願いしています。





2月後半に、CM1(5年生)の子どもたちと一緒に布を切る作業をしました。
はさみがある人は持ってきてね、とお願いしていたら、持ってきてくれたのはいいんだけど、質が悪いのなんの…そして、そもそもはさみの使い方を知りませんでした。図工なんて教科はやっていないもんね(^_^;)





子ども達だけではなく、先生も使い方を知りませんでした。
一緒にやってくれたのはいいんですが、はさみの先端を使って切りにくそうにしている様子を見て、ブルキナの教育の問題点をまた垣間見たような気がしました。
奥のほうを使って切るんだよ、と教えてまわると、切れ味の違いにびっくりしていました。


▼この人は研修生。積極的に指導していたのが印象的でした。
先生も!


▼頑張って切ってます。
布切り作業





この学校のまわりは木も何もありません。壁ももちろんありません。なので、ゴミは風で全部どこかへ飛ばされてしまいます。ビニールも、紙も。




じゃあ中に入れるゴミはどうしようか、という話を校長先生としたら、家のまわりから集めてこさせましょう、ということになりました。前述のように私も近隣の村のゴミの多さは気になっていたので、次の時間までにビニールゴミを集めてくるように子どもに伝えました。







2週間開けて(仕立て屋さんに作業してもらう時間もあるので)、15日再び訪問しました。時間があいてしまったから、忘れられてるかな?ちゃんとゴミ集めてきてくれてるかな?いろんな不安がありました。





実はこの活動は、学校のない木曜日にやることになっていました。最初の話では、APPの時間にやることもないし…ということだったんですが、多くて45分しかないAPPの時間では作業が進まないし、いくらでも時間を使える木曜日にやりましょう、と校長先生が提案して下さったのです。





せっかくの休みだし、学校に来るのを嫌がる先生もいると他の隊員から話を聞くんですが、自らこう言って下さったことはとても嬉しいことでした。




…ということで、お休みの日にちゃんと来てくれるのか?という不安を抱えたまま教室に行くと、大量のサッシェを持った子ども達が待っていてくれました。校長先生も自ら来て下さいました。


集めてきたゴミ



縫いあがったボールを見せると、初めてそこで完成図がイメージできたのか、子ども達からは歓声が上がりました。
そして、早速ゴミ詰め作業開始!!



きれいな丸の形になるように、あーだこーだ言いながらゴミをつめていきます。



ゴミを詰めたら、それからは私の出番。最後の仕上げで、入れ口を縫っていきます。研修生の先生もお手伝いしてくれました。


9グループあったので、グループに一つ、それからうちに眠っていたものも合わせて、15個のボールが完成しました。

▼完成!!
完成!




意外と跳ねるため、子ども達は大喜び!校長先生たちも、これでバレーでもなんでもできる♪と大喜び!!






「これは誰のボール?CM1だけで使いたい?」



「ウイー!」「ノーン!!」



「これはみんなが作ったボールだけど、学校みんなのもの。CM1の教室に置いておくけど、他のクラスの子も使うからね!意地悪するんじゃないよ!」





と校長先生からお話があり、自分達だけで使いたかった子はちょっと苦笑い。でも、私としてはたいして遊び道具のないこの学校の子みんなが使ってくれたほうが嬉しいなと思います。





その後、ウンデのまいちゃんとワガのオマー(日本人)が作成してくれたゴミ啓発ポスターを使って、校長先生が子ども達にゴミの処理についてお話をしてくれました。この先生、非常にやる気のある方なんだと、ここで改めて確認。









ゴミを遊び道具にする技術を教えてくれてありがとう、あなたはもう少しで帰ってしまうけど、来年度も、今度は自分達でまた作ります











と校長先生が言って下さいました。こんなこと言われたのは初めてでした。



最近、私がやっている活動は私がいなくなったら終わるな、と思ってくさっていました。
自分がいなくても、この人達が続けられることを、と思ってやってきたつもりだったけど、決して良い方にはまわっていなかったこの1年9カ月。終わりを目前にして、何もヤコに残せないのではないかと落ち込んでいましたが、こんな小さなことでも、「またやるよ」と言ってくれたことが本当に嬉しく、また頑張ろうと思えました。





このサッカーボールは、ワイグヤにいた先輩が始めたもの。事務所の方も、会議の度に「いや~ボールいいですよね~」と言ってくれていたのに、なかなか実行に移せずにいました。
残りも少ないですが、もうちょっとがんばっていろんなtころで広めていこうかなと思います。



おわり。

2月を振り返る その2

18日(土)、学校の先生方の勉強会(GAP)にて手洗い指導を先生方に行ってほしいという依頼があり、8時に会場となる学校へ行きました。



いつもは40人50人くらいの規模なんだけど、今回はヤコ市内だけでなくもっと田舎の学校の先生も呼ばれたらしく、100人以上の先生方がわらわら!それを見て一気に緊張する私。



結局3クラスに分かれて「衛生・病気」をテーマに勉強会が行われることに。



しかし!!!!!!




会の目的などを教育長が話し、「では質問は?」のくだりで事件発生!!






「日当が2000フランとは少ないではないか!」と文句を言う先生が現れたのです\(゜ロ\)(/ロ゜)/




私は最初話がよくわからなかったのですが、「え?え?」と思っているうちに、教室にいた先生がぞろぞろと出て行ってしまうではありませんか!!



残ったのは、ここ1カ月お邪魔しているセクター2という学校の先生と、昨年度一緒に授業をやった(まぁ、私のこと代替教員扱いしてた人けど…)先生だけ。セクター2の先生方は真面目な先生ばかりなので、「事の成り行きを見守りましょうよ」って感じで残ってたけど、そのもう一人の先生は「例え少なくてももらえるだけいいじゃん!もう煙草代とビール代のアテにしてるんだから!」…なんつー先生…(-_-;)



ブルキナでは、研修とか会議とか、人が集まる時には日当が出ることになっています。日本では、セミナーなんかに参加しようとしたらむしろ参加者が支払ったりするけど、こっちでは完全に逆。それをあてにしている人も多く、「何を学べるか」ということよりも「日当がでるか。でるならいくらか」が最大の関心事であったりします。不純な動機だともとれますが、それが今のブルキナの現実。



いつもは教育省がお金を出しているけど、今回は保健省のプロジェクトの一環という位置づけの勉強会だったらしく、保健省がお金を出していたのだそうです。でも、保健省のやる研修は日当5000フラン~10000フラン。なのに、GAPはいつも2000フランだからってそんなの変じゃないか、という話だった模様。特に今回はちょっと離れた村からも参加者を募っていたため、ガソリン代、宿泊代など考えると少ない、ということだったらしい。



教育長が交渉したりしましたが、先生方の理解は得られず。結局この日の勉強会は流れることになりました。完全に緊張し損でした。



せっかくの機会だったのにもったいなかったなと思うと同時に、こういうことで学びの機会を失っているなんて残念な話だなと思いました。さっきも書いたけど、それが今のブルキナの現実なんでしょうね。でも、このシステムは一体どこから?人に集まってほしいからお金を払う、というのは…旧宗主国・フランスなんでしょうか。わかりません。



ということで、早起きしたのに釈然としないまま終わった土曜日なのでありました。


おわり。

ソングペルセにて

先日、ソングペルセ村の小学校で手洗い指導をしてきました。




1年生ばっかりのこの学校、フランス語はあまりわかってくれません。先生が通訳してくれるけど、頼ってばかりも申し訳ないので、できるだけ知ってるモレ語は使うようにしています。






再赴任後に新たに覚えたのは、う○ち、ハエ、ばい菌、などそれ系ばかり。う○ちはやっぱり反応がいいですね。どこの国の子どもでも同じ。










ヤカンはあるけど石鹸がない、という別の小学校で手洗い指導をしようとした時、そこの先生は「石鹸ね~ないんだよね~」で終わっていたけど、ソングペルセの先生(校長兼)は「自分が用意します」と言ってわざわざ買ってきてくれました。この先生、好感持てます。





午後にもなると、子ども達の手は本当に汚くなっています。手だけじゃないけど。



あたりを舞う土埃のせいもあるし、ミニ黒板を消す時に指でごしごししたりもするし、掃除して集めたゴミを手で拾ったりもするからです。爪の中も、も~どうしたのって位真黒!



なので、手洗いの順番を教えた後、私から見て特に汚い!と思った子にどんどん見本でやらせました。泡が…黒い…(-_-;)


▼人がやってるのを見たがるから、どんどん輪が小さくなっていって、「下がりなさい!」って怒られるのは、見事にどの学校も一緒。
ソングペルセ1


▼この子の爪がまぁ汚かった…
ソングペルセ2





もちろん全員はできなかったけど、授業が終わった後に自分で持ってきた水で手洗いをやってみせてくれる子がたくさんいて、ちょっと嬉しくなりました。まぁ、それが習慣化するのはまだ先の話なんだろうけど…







学校が終わった後、この村のシェフ(一番偉いおじいちゃん)が挨拶に来てくれました。本来私が行くべきなのに、このシェフはいつも私の所に来てくれます。モレ語しか話さないので校長の通訳が必須です。




シェフから、今度私が来る日に合わせて保護者会を開くから、何かメッセージが欲しい、という嬉しいお話をいただきました。




身の回りの清潔や、病気のことなど、本当は保護者にも理解してほしいことがたくさんあるので、これはチャンス!しっかり準備しようと思います。









ソングペルセ村からヤコに帰る時は、途中まで子ども達と一緒です。私のチャリを後ろから押してくれたり、追いかけっこしたり、遊びながら帰るんですが、その日はテンションあがりすぎた子が転んでけがをしました。かすり傷程度だけど、泣いてひどかったのでチャリの荷台に乗っけて家まで送っていきました。




家に誰もいなかったので、水で傷口を洗い、ちゃんと乾かしなさいよーと(フランス語わかってないだろうけど)言い残し、さすがに早くヤコに帰ろうと思ったら、1人の男の子がてろてろ歩いているのを発見。




どこ行くの?と聞くと、「ヤコ」と。え、徒歩じゃあまだ結構あるよ、と思い、その子も家まで送っていくことにしました。結局ヤコといっても端っこのほうだったけど、でも学校までかなりの距離があります。毎日ここから通ってるの?と聞いたけど、その子もお母さんもフランス語がわからなくて、会話成立せず。




ここからならまだ近い学校があるけど、定員オーバーで入れなかったと思われます。にしても、こんな小さい子がこの距離毎日って…。ブルキナの基礎教育の現実をまた一つ見たような。









実はこの学校の校長先生、ムッシュヤメオゴは、同僚アダマさんの友人でした。二人ともミュズルマンで、モスケで知り合ったのだとか。世間は狭い!!


▼ソングペルセの子どもたちと、ムッシュヤメオゴ(背の高い人)。後ろが校舎。
先生と子ども達




おわり。
プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。