スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルキナのたべもの

トー屋台

こないだの昼間、屋台でマダムがトーをせっせと作っていたので写真をとらせてもらいました。




トーは、ブルキナの主食のひとつ。とうきびの粉をお湯で練って作ります。オクラのソースとか各種はっぱソースなどでいただきます。


結構腹もちもいいし、何せ安い(100FCFA=約20円)ので、たまに食べます。オクラソースがねー、私は大好きです。ねばねばしててたまらんです。







ブルキナのご飯で、最近よく食べるのが、アッチャケです。ほんとはセネガル?かどっかの料理らしいけど。


あやふやな記憶によれば、確かイニャムか何かを粒状(クスクスみたいな)にしたものです。きゅうりとかトマトの角切りを混ぜて、揚げた魚をのせて食べます。


でもそのまんま食べるのではなくて、ブルキナといえばもうおなじみ、塩と油をたんまりかけて食べます。最近はそれのせいで太った気がしてきて、ちょっと控えてます(T_T)


▼アッチャケ。これはワイグヤで食べたやつ。魚がでかい!
アッチャケ







あー、あと、

特記することでもないんですが、ブルキナのオレンジの食べ方について。


たまに、オレンジを頭にのせてたり荷車に積んだマダムが環境省にやってくるんですが、日本とはちょっと食べ方が違うので紹介してみます。


ちょうだーい、と言うと、まわりの固い皮だけをナイフでまぁ器用にちゃかちゃか剥いて、芯をくりぬいてくれます。


▼こんな感じ。
オレンジ



そうすると果汁が実の中にたまる形になります。まわりのちょっと柔らかくなった皮を揉みながら、果汁を楽しむ、って感じでしょうか。



私はもったいないのであらかた果汁を吸い上げた後は皮をやぶって残った実も食べてます。環境省で一番貧乏性だと自負しています。



だってもったいないじゃん!!




おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。