スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またワイグヤに行ってきた

また行ってきました。渡航禁止区域解除間近?ワイグヤ。





ヤコのあるパッソレ県も対象サイトになっている、JICAの苗木生産支援プロジェクトの会議があるので、DP、県内全森林官と一緒に参加してきました。





朝6時半集合だったのに、10分前に行ったら「お前待ちだぞ!」と喝。ブルキナべに時間のことで怒られるとは思いもしませんでした。





今回DP車で行ったのは、森林官の中でもアラサー組。おじさまに囲まれてぎゅうぎゅうな車内にも関わらず、しっかり居眠りしながらワイグヤへ。






途中、不法伐採の木材を販売しているおばちゃんを発見。ダメでしょ!と、みんなで車に積み込み。またまた居眠りして、今度こそワイグヤ到着。






環境省には、前回の研修で見た顔、見たことない顔、などなど北部州の森林官がわらわらして会議が始まるのを待っていました。



▼ワイグヤの北部州局。我がパッソレ県局の上部組織でございます。
地方局






プロジェクトを担当している日本人スタッフの方もいらっしゃって、実はあんまりわかってなかったプロジェクトの概要や、ブルキナべと働く時の心構えなど、いろいろ教えていただきました。






会議は、プロジェクトの骨組みに沿って今後どのように県レベル・郡レベルで苗木生産・供給・需要の関係を向上させていくか、がテーマ。郡レベルで関係者を集めてのアトリエ(協議会・情報共有会)を行うことになりました。パッソレ県の各郡でも、12月末~1月頭にかけて行われることに。うまくできるんだろうか…。



▼会議中。こういう所でどういう態度をとるか、こっそり観察してました。結果は…ノーコメントということで…。
アトリエ中




会議終了後、日本人スタッフの方に誘っていただき、久々にワイグヤのレストラン。ヤコではほとんど拝めないトマトソースのリ・ソースをいただきました。にんじんが入ってた!










その後、ワイグヤの皆さまに別れを告げ、帰路につきました。









偶然にも任期中に、任地が対象サイトになっているプロジェクトが進行していて、関連会議や研修にこうやってちょこちょこ参加させてもらえるのは、とてもありがたいことだなーと思います。話されているフランス語は半分わかればいい方、ってレベルだけど、聞いているだけでも語彙や言い回しの増加につながるし(その後の復習次第だけど…)。








帰国する2012年6月以降もこのプロジェクトは続くので、任期中はずっと進捗状況を見ていられることになります。直接自分が何かするということはないけど、「技術協力プロジェクト」っていうものが現場でどういう風に行われるのか、勉強させてもらういい機会。しっかり勉強します。はい。






おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。