スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルキナ生活第2章開始。

久しぶりのインターネット!


一晩だけ、お隣に住む上司に、ネットがつながるUSBをお借りしてます。


ということで、赴任した3日から今日までのことを。











まず3日、ドミに残っている人にしばしの別れを告げ、調整員の方とともにヤコへ。


ヤコ、ほんとに近いです。ワガから1時間半。感慨にふける暇もなし。





配属されるのは、環境・生活環境省のパッソレ県局。なのでまずはそこにご挨拶。






といっても、2週間前の任地訪問時に、初対面にも関わらずとんだ醜態をさらしているので、


上司であるDP(directeur provincial)・サマ氏の第一声は、









ケイコ!今日は元気か!?











でした。






げんきだよ。










挨拶が一通り済んだ後は、家に行って荷物を降ろしたり、調整員の方に付き合ってもらって買い物に出かけたり。


とりあえず寝る場所確保に、マットラとゴザ、


まだ余力があったのでガス台とガス缶、自転車と掃除用バケツなどを。


マキでご飯を食べて、買ったものを降ろしてもらい、ガルディアン(警備員)の方々とちょろっと話をして。


がんばりすぎないでねーという言葉とともに、調整員さんと運転手さんは帰ってしまい、


一人には大きすぎる家に、一人残されたのでした。










ありがたいことに、ちょこちょこと掃除してくれていたようで、ほとんど自分で必死になる必要がなく、


その晩やったことといえば、買ってきていたパーニュでひたすらカーテンを縫うことでした。


▼寝室のカーテンと、マットラ。何故か『ハネムーン』と書いてある。
カーテン










こう書くと、結構とんとん拍子に事が運んでいるように思えるんですけども、


やはりそこは。ねぇ。そううまくいかせてくれるはずもなく。









やれ玄関のカギがまわらないだの、



やれ裏口が工事し直しだだの、



やれ濾過器が(正確には中の濾過棒が)壊れただの、





ちょこちょことトラブルはありました(しかも結構重要な)。


















でも、概ね順調。現時点では、生活面で特に困ってることもないです。





任地訪問の時は具合悪くて市内をほとんど見れなかったからわからなかったけど、


生活に必要なものはだいたい揃うし、通勤途中に野菜も果物も買えます。




水も、ワガよりはきれい。


濾過棒壊れたので、煮沸だけして飲んでるけど、お腹も大丈夫です。









自炊も始めました。ひさしぶりー。


▼今ある食糧と調味料たち。巾着の中は日本のもの。インスタント味噌汁とか。
命の源


▼今のところパスタ系か雑炊が多い…
自炊第1弾



500FCFA(100円)で買った包丁が、思いのほか切れるのでびっくりしてます。


もちろん日本のものは何も売ってないけど、なんとかやってけそうです。















でも救援物資は常時受け付けてます。














つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。