スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワニと戯れている場合ではありませんでした

今日は、毎週金曜日にあるというモシ族のシェフたちによるセレモニーを見に行きました。





ブルキナには63の民族がいるんだけど、その中でも多数を占めてるのが、モシ族。




モレ語ってのを話します。私の行くヤコ市も、フランス語とモレ語が話されてます。









セレモニーのあと、シェフの中のシェフ、という方にお会いし、なんと写真まで撮らせてもらったりなんかして。



そんなこと、めったにないことだそうで、引率してくれた先生たちのほうが興奮してました。






そのあと、ワガのシェフの所に行って、いろいろ質問したりなんだりかんだり。











多分すごい機会なんだろうけど、こんなにあっさり書くのは、













そもそもフランス語がわからんくて何言ってるか理解できなかったのと(残念すぎる)、






それ以上に心に残ったことがあったからです。
















最近このことばっかり書いてるのですが、ゴミのことです。




最早ゴミ女ですね。















セレモニーが始まるのを
待ってる間、周りを見渡してみると、



相当な量のゴミが目に入りました。



ワガ、予想外にゴミが少ないなぁ、という第一印象だったんだけど、



よくよく見てみるとそんなことは全くなくて、



とてもとても汚いのでした。














そして、そう思っている私のすぐ横で、



そこまで連れて行ってくれた運転手さんが、



飴の包み紙を、















ぽいっ


















と捨てていたのでした。










これなんだな、と思いました。











多分、悪いことだと思ってないんだろうな、本当に。
















その光景を見て、



お店でビニール袋を使わないためにエコバッグやふろしきを広めたいけど、



ポイ捨ての習慣を減らすためにも何かできないかなぁ。と思ったのでした。



携帯ゴミ入れみたいのがあれば、



こういうポイ捨ても少しは減るのかなぁ。

















ともんもんといろいろ考えていたんだけども、


















そもそも、
















ゴミ捨てちゃダメだよ!



















と彼に言えなかった自分。
















一番悔しかったです。









おわり。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。