スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼寝のすすめ。

首都・ワガドゥグーでの語学研修について。









朝7時半~9時半、10時~12時が午前の授業。





昼休みが3時半まで(!!)で、午後が3時半~5時半。
















このような感じになっております。



朝はちょっと早いけど、午後の一番暑い時間に授業をするよりはまし、ということなんでしょう。







ブルキナの文化や、病気のこと、これからの仕事のことなんかについて、



先生の話を聞いたり、会話の練習をしたりしています。



それぞれの時間で先生が違っていて、なかなかおおもしろいです。



駒ケ根訓練所みたいに、専任の先生がいる、というわけではありません。









今日は、午後の授業開始とほぼ同時に雨が降り始めまして。









あまりにも土砂降りすぎて先生の声が聞こえず、







停電のためもらったプリントはよく読めず、
















結局雨がおさまるまで待つことに。










なんだそれ、という感じですが、これがブルキナなのでしょう。















これを書いている今、こちらの時間では午後8時過ぎですが、



また降り始めました。ひどいもんです。





















さすがアフリカだなーと思うのが、昼休みの長さ。




普通の会社でも、12時~3時は昼休みなんだそうです。












午後の授業が始まった時、まず聞かれるのが、








Vous avez bien dormi?(よく寝れた?)





















そう、この長い昼休みに、たいていの人はお昼寝(la siéste)をするのです。









今日の先生は、暑くてあんま寝れなかったから疲れたー、と言ってました。もっとやる気を出してくれ。












日本でも最近、10分とか20分昼寝をしたほうが仕事の効率が上がるとか言われてますが、







ブルキナに来てから、1時間は必ず昼寝をするようになりました。











勉強の効率のためではありません。












とにかく寝て体力を回復しないと、という意気込みで寝てます。ひたすら寝てます。
















暑いし、起きたら汗だくだくなんだけど、




なんだかとても贅沢な感じ。










日本ではガンガン働いている時間に、昼寝。












勉強しに来てるのに、昼寝。















この時間に勉強すればもっと伸びるんだろうけど、







まずは健康でいないと何もできんよね、と心の中でつぶやきながら、毎日昼寝。













昼寝は作業効率を上げるとどれだけ言われようとも、




日本で堂々とそれをするのはまだ難しい。と思います。













ブルキナのお昼寝文化、少しでいいから日本におすそわけできたらいいのに。















と思いつつ


















明日もあさっても、昼寝。
















おわり。






ワガの様子
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

めっちゃうらやましい!!!
私、毎日眠たいんだけど((笑))
プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。