スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のフェット

今日は、後輩隊次のみんながお別れ会を開いてくれました。
マリからの振り替えで先日ブルキナに到着した2人の新隊員の歓迎会も兼ねていました。




流れ天才シェフ・ヤッピーの指揮のもと、ブルキナでできるんだ!っていう超ハイレベルな中華の数々!





ブルキナ隊が誇るアイドル、ブー娘。(ブルキナ娘。ブサイクのブではありません!)のファン感謝祭もあり、非常に楽しいひと時でした。







ほんの3カ月前、一つ前の隊次の先輩と、現職参加の同期を送りだしたと思ったら、あっという間に自分の番になってしまいました。





この3カ月、全力で走ってきた、そんな感じ。振り返ると、すごく忙しかったけど、これまでとは違う、強い気持ちで活動にのぞめていたような気がします。悩んでいる暇もなかったような、そんな感じ。残り時間の短さを実感したからなのかな。











私は、協力隊としてアフリカに来ることが夢で、実際にこうして来ることができたことは、本当に幸せなことだと思います。








1人では何もできない自分にがっかりしたけど、それでいいんだと思えたのは一緒に働いたブルキナべのおかげです。






いくらブルキナべが好きといっても、ちょっとブルキナに疲れてもまたやる気を取り戻すことができたのは、ブルキナ隊のみんなのおかげです。






活動に行き詰って、沈んでいる時でも、自分で光を見つけようともがくことができたのは、常に前向きに励ましてくれた調整員さんのおかげです。








そして、自分の決めた道を2年間ひたむきに頑張ろうという強い決意を持てたのは、日本にいる家族や友人のおかげです。









私は弱い人間で、自分に甘く、わがまま。前は、自分が大嫌いでした。楽しそうにしている人が、羨ましかった。その人にも悩みはあるんだろうけど、そんなことは考えられなくて、自分だけが大変なような、そんな気がしていました。また、そう思ってしまう自分も大嫌いでした。







でも、協力隊に合格した2009年を境に、たくさんの人に出会って、たくさんの経験をすることができました。足かけ3年、とてつもなく濃い時間を、とてつもなく濃い人たちと過ごさせてもらいました。





今は、こんな自分でもいいかなと思えるようになりました。



歳の割におばさんくさいと言われ、横綱だか小結と言われ、なんだかなぁと思うことはブルキナにいても多々ありました。




でも、前の自分よりは、今の自分のほうがずっと好きです。夢だったことの一つをやり終えて、後悔も反省もあるけど、ちょっとはたくましくなれたような気がします。心だけでなく体もですが(-_-;)






アリガトウを伝えきれないのが、今とても辛いです。自分のつたない言葉では、日本人にもブルキナべにも伝えきれません。その位、今感謝の気持ちでいっぱいです。







ブルキナを去ることは、とても寂しいです。
でも、私はブルキナのファンになりました。これからもずっと、ブルキナのことを応援していきます。そうすることが、私にできる恩返しだと思うから。






残り、あと1日。ブルキナの空気をたくさん吸い込んで、明日の夜、日本に向けて旅立ちます。




おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。