スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月を振り返る その3

27日から3日間、看護師隊員まいちゃんのいるウンデに活動見学に行ってきました。





ヤコからバスを乗り継いで約6時間、ブルキナ第2の都市ボボデュラッソの手前にあるウンデ。



まいちゃんが活動している学校の先生が衛生教育にとても熱心だというので、ぜひ話をしてみたい、と思い訪問しました。何が他の先生と違うのか?それを探るのが目的。





そしてもう一つ。ウンデには、あのトラオレさんがいるのです(^-^)



以前アルボレにいたトラオレさんは、9月にウンデに配属され、それ以来会っていませんでした。
せっかくの機会なので、ヤコのお芋をたくさんおみやげに持っていざウンデへ!!






悪夢のディエブグ以来の長距離バスの旅。かなりびびりながらも、体調を崩すことなくウンデに到着。


コットン生産の企業が入ってるらしく、なんだかとても賑やかな街でございました。我らがBIB(銀行)もあるし!!


……


学校見学のほうは、かなり収穫あり!!


噂に聞いていた通り、校長先生がとても熱心で、自らプログラムを組み、先生方と一緒に実践していました。


去年もプログラムは組んでいたけど、やる気がいまいちだった、でもまいちゃんと知りあって、一緒にやろうということになり、それがやる気につながっている、というなんとも素敵なお話も聞けました。



ここでは、隊員が授業をするのではなく、あくまで進めるのは先生。私が理想としている形。


活動見学



「ヤコで衛生教育をやっているけど、どうも先生の協力が得られにくい」という悩みを相談すると、



「先生が学校で過ごす時間は、1日7時間。日中はほとんど学校。だから、学校が先生の生きる場所なんだといっても過言ではない。
子どもが清潔であること、学校が清潔であることが、教師にとってどんなにメリットがあるかを説明するといいよ」と教えてくれました。
実際、この校長先生はそういうアプローチをして先生方の理解を得たのだそうです。



授業終了後は、なぜか生徒の家に遊びに行ってこいと言われ、エメという男の子の家を訪問!
エメもなんで家に連れてかなきゃいけないのか…と思っていたんだろうけど、快く招き入れてくれました。
ウンデはデュラ語やボワバ語が多いけど、この家はモシ族だったので、ネーザーブレといつものようにご挨拶。モレ語が通じるだけで安心してしまうこの感覚、不思議。





この校長先生、奥さまがヤコ出身。夜はトーを食べにおいでと招待してくれました。
いや~これがまたおいしかった!!



お宅にはギターがあったので、これ幸いとお礼に2曲程披露。校長先生も現地語の曲や国歌を演奏してくれました。


いや~、充実した学校訪問(^-^)




・・・・・・・・・・


そしてトラオレさんですよ!!

▼イモあげた記念に。
トラオレさん!



全く変わってない!あのまんま!口癖の「moi petit comme ça!!」もあのまんま!!


ウンデのあるテュイ県の環境省DPにもご挨拶ができました。DPってのはだいたい太ってるのはなんでだろう?





ウンデまで来てくれたんだからと、食べさせられる飲ませられるで、一気に体重も増加。
でも、久々の再会なのにダイエットなどと言ってられません(してないけど)!!



ヤコの皆の話、ウンデの環境省の話、いろいろして、や~これまた充実した再会(^-^)




水曜の朝、わざわざ仕事に行くのを遅らせてバス停に見送りに来てくれました。


DPに渡して、と袋を手渡されたので、鞄にしまい一緒にネスカフェを飲んで時間つぶし。




そしてバス発車間際、「あれはDPじゃなくてケイコサンにだからヤコに着いたら開いてね~!!」



え~!! と叫ぶと同時にバス発車!







ヤコについて開いてみると、ブルキナベが調味料を挽いたりなんだりするのに使う道具のミニチュア版。超かわいい!!



ヤコ到着の連絡も兼ねて早速電話すると、気に行ってくれて嬉しいと逆に喜んでくれました。
そして、ウンデの環境省のみんなからだよ、という嬉しい話も。わざわざ来てくれたから、とみんなで買ってくれたのだそうです。色々おごってもらったのにプレゼントまで…なんだか胸が熱くなりました。



あと4カ月、何回会えるかわからないのが寂しいけど、なんたってトラオレさんは日本に来るのです(^u^)
そして、それは恐らく私の帰国後、8月頃ではなかろうか、という話。


トラオレさんと日本で再会なんて、なんだかわくわくするじゃありませんか(^-^)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ヤコに帰る道中、ヤコの隣の街、グルシの森林官をバス停で発見!

彼も同じ時間のバスでグルシに帰るということで、一緒に帰りました。

これまでは顔見知り程度の仲だったけど、ウンデのことや北部州の環境省の面々の話をして、おもしろかったなぁ。

他の県の森林官とこんなに長い時間おしゃべりするなんてことなかなかないので、これもまたいい時間でした。ま、バスの後半はほとんど寝てたけど…




新しい出会いもあり、友好を深める時間あり、いやほんと、行って良かったウンデ。



また行きたいなー。



おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。