スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行くと決めた場所には行くべし。

朝、ある学校にお邪魔した時のこと。




いつものように国歌を歌いながら国旗掲揚、終わったらクラスに入る。



…はずが。国旗掲揚したら国旗が落ちてきちゃった!




どうも、紐が切れてしまったみたい。どうするのかな~と思っていたら…




「さぁ!誰が登るの?あんた?あんた?」



え、先生、登るって…と尋ねようとしたら、一人の生徒がおもむろにサンダルを脱ぎ、紐をくわえて支柱を登り始めたではありませんか!しかも、易々と!!

▼20秒程で到達。
てっぺん!




紐を輪っかに通して難なく地上に降り立った彼。ブルキナの子どものたくましさをまた一つ感じました。







その学校で授業が終わった後、ヤコから5キロ程離れた村の小学校にお邪魔してきました。



セゲンブッセという村の小学校。校長先生は以前から顔見知りで、教育省等で会う度「うちにはいつ来るの~」と声をかけて下さっていた方です。



10時の休み時間を狙って行ってみると、ビサップジュースで出迎えてくれました。今週は先生方の研修があって、CE2、CM2の先生方はお休み(この学校は今年CM1がない)。子ども達も本来休みですが、卒業試験のあるCM2だけは自習に来て(来させられて?)いました。



いつ来るのと言ってくれていたので、授業をする話はすぐまとまり、その後授業見学をさせてもらうことにしました。




校長先生は管理業務の他にCP1(小1)の担任もしています。なのでCP1の教室に行くのかと思いきや、まず向かったのは給食センター!!




といっても日本のようなきちんとした施設ではありません。小さい小屋で、お母さん達が子ども達の給食を毎日作ってくれています。政府支給の材料を使って、豆ご飯やクスクスなどを。今日は、ベンガ(小豆のような豆)とクスクスをミックスしたものでした。



一人のお母さんが教室のほうに向かったな~と思ったら、子どもが給食を入れるために持ってきた容器を手に帰ってきました。そして、おもむろによそい始める彼女。






校長先生「これ、ワタリの分ね!」






いやいやいやいや!!!もらえないもらえない!!!てかその器誰かのでしょ!?その子はどうやって持って帰るの!!?




…と拒否するも、「ブルキナはこうなの!」の一点張り。結局、器をお借りするのは申し訳ないので、買い物用にいつも持ち歩いているビニール袋に入れてもらうことに。すみません、でもありがとう!なんて優しいの!!!




校長先生が何しにここに来たかというと、各クラスの人数に見合った量かを、そしてそのお味を確認するためでした。ブルキナは、炭水化物をガツンととります。いつ見てもびっくりする大きさのお鍋を使ってたくさん作るけど、それが綺麗に配分されていきます。


▼全ては校長のさじ加減で。
cantine.jpg






給食チェックが終わって、ようやく教室へ。
CP1は本当に小さい!でも騒がずちゃんと読み方の練習をしている…と思ったら、隣のクラス、CP2のお兄さんが、ムチを持って監督していました(゜o゜)学年が一つしか違わなくても、学校に入る年齢がばらばらだったりするので、実際の年齢は意外と離れていたりします。監督していた子は、特に大きい子だったので、CP1のちびっこたちもビビっていたのでしょうか。


▼CP1の中でも年齢が上の子は後ろに座っています。
les eacute;legrave;ves



突然ナッサーラが来てざわざわしていた子ども達も、校長の「静かに!」の一言で一気にシーン。読み方の練習、書きとり、計算をしているのを見学しました。


▼「moi!moi!」と自己アピールするのは街の子も村の子も同じ。
moi!moi!.jpg


▼書き取りする子どもたち。
garccedil;ons




計算の頃には、給食が出来上がって運ばれてきたので、校長先生はそれを子どもたちが持ってきた容器に分け始めました。よって、答え合わせは私がやることに!



ノート代わりの小さな黒板に、校長先生が黒板に書いた問題を写し、解いて私のところに持ってくるのですが…



2+3=
1+4=
2+1=



という問題。


▼学習態度は気にされない模様です。
姿勢が…




みんな、棒を書いて足していくんですが、そもそも「計算する」ということがわかってないのか、問題を写してそのまま持ってくる子が多数!


「何もやってないじゃん!」とつっ返すも、そういう生徒があまりに多く、校長先生にヘルプ!


「先生、この子達計算してこないんですけど!」と言うと、「そうよ!この子達何もわかっちゃいないのよ!」



え~、それでいいの!!?校長先生はもう、給食を分けるのに必死。授業時間も残り10分というタイミングだったため、もういいやってなっちゃったんでしょうか。もう、何でもありです。





実はこの学校、アメリカ人ボランティアのエドワードが来ている学校。今日は病気の為来ていませんでしたが、授業をやらせてもらう時も、先生とだけでなく、彼とも一緒にできたらな~と思います。



帰りは、12時半の環境省の終業時間に間に合いたかったので、全力でチャリを漕ぐ!運悪く、車2台と大型トラック1台とすれ違うハメになり、全身土埃だらけに(-_-;)セゲンブッセに向かう道は、もちろん赤土、舗装道路ではありません。運動不足解消にはいいかもしれんけど、エドワードはこの土埃のせいで喉を痛めたというし…あなどれません。



息を切らして環境省に戻ると、終業時間間近だったためみんなだらーんとしていました。一人だけ暑がって疲れて、一体私は何をしているんだろうか(-_-;)でも、帰ってくるとやっぱりホッとします。例え何もなくても、誰かがいると嬉しくなります。あ~ホーム~と思える場所があるのは、有難いことだなぁと思います。



「12時に戻ってくるって言ったのに12時23分に戻ってきたからペナルティで500F」と言われたとしても、ここが私のホームです。




おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

ハイビスカス?的な花のジュース。
煮出して砂糖入れるだけの簡単なものですが、
砂糖の量がものすごいです。これ飲んでたら痩せないわ、という…
その甘さに慣れてしまっている自分が怖い!!

No title

ビサップジュースって何!?

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。