スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村の学校

再赴任した時、できるだけ多くの学校をまわろう、と決めました。



数をこなせばいいものではないというのは承知の上です。






退避前、小学校で活動した期間は短かったけど、でもその中で気が付いたことがありました。




大人を変えるのは難しい

大人を取り巻く状況を変えるのも、難しい




ということです。




前にも書いた気がするけど、ブルキナの小学校では1クラスに80人90人という生徒がいます。
それに対して先生は1人。
子ども達の宿題を添削するのも膨大な時間がかかります。
もちろん、一人ひとりに目を行きとどかせるなんてことはできません。
小学校1年生からそんな感じだから、それが積み重なった結果、高学年になってもフランス語があまりわからないとか、簡単な計算ができないとか、そんな子がたくさんいます。



それでも、授業は進めなくてはなりません。全員が理解してるとかしてないとか、そんなこと考えることはできません。



だから、本来音楽や体育に使うべき時間が、遅れている教科に充てられたりします。
私が環境教育で使わせてもらっているAPP(生産実習活動)の時間もそう。私がいなかったら、先生は遅れている授業をやるのに使うはずなんです。



実際、私が行ってもずっと板書をしている先生もいます。「勝手にどうぞ」という感じ。フランス語がわからなくて聞くと、いかにも面倒そうに教えてくれたり。



でも、先生を取り巻く環境もわかるから、「なんで協力してくれないんだ!!」なんて言えません。
そして、その環境を変えるには、ブルキナが国としてもっと頑張らないといけない。個人レベルでどうにかなるものではありません。まずは学校の数が圧倒的に足りないのだから。







だから、私は子どもと触れ合うことを大事にしようと思いました。私がここにいるほんのちょっとの時間だけでは、先生達を変えるのは難しい。諦めたわけではないけど、そこで悩んで止まっているよりは、ヤコの子ども達にちょっとでもいいから環境のこと、衛生のことを知ってもらうほうがいいと思ったからです。




ということで、10月に学校が始まってから、移動可能圏内にある学校とはできるだけ多くコンタクトをとり、可能なら授業をさせてもらうようにしています。




…前置きが長くなりましたが。先日初めて訪問した村の学校紹介をしようと思います。


今年開校したソングペルセという村の学校です。




ブルキナでは、学校を作る時は、まずCP1(1年生)だけから始まります。それから、2年に1回新入生を受け入れていくそうです。なので、この学校も、1年生だけが50人程いました。




校舎は、ヤコ市内の学校とは全然違い、木と粘土などで作られた簡素なもの。トタン屋根はないので、藁やセメントの入っていた袋などで日よけを作っていました。



▼雨季はどうするんだろう…
学校





校長のM.ヤメオゴは、突然訪問したにも関わらず暖かく迎えてくれました。



環境教育や衛生教育をしているんだけど…と切り出すと、



「ここは水のアクセスが悪いからね…学校の近くにポンプか井戸があれば、植林のことなど子どもに教えられるんだけど。」



と難しそうな顔をして話してくれました。手放しでOK!と言ってくれるのも有難い話ではありますが、こうやって難点を話してくれたことにとてもいい印象を受けました。


その後色々話をする中で、衛生教育については道徳で指導しなければならないテーマだから、一緒にやろうということになりました。今週再度訪問します。








…実はこのソングペルセ村に行くまで、相当迷いました(^_^;)


ヤコからたった3キロという距離なのに、「まっすぐだよ!」と色んな人に言われたのに、どこまで行っても学校が見当たらない!ていうか何もない!人がいない!!




偶然見つけたある村では、いきなりナッサーラが現れたので子どもがギャンギャン泣き叫ぶ始末。それを聞きつけたマダム達がわらわらやってくる始末。せっかくなのでお仕事中だったマダム達としばしおしゃべり。


▼ミルの脱穀中でした。
脱穀中


▼なんていうか、アフリカだね~
mil.jpg







ヤコからちょっと離れるだけでも、相当景色が違います。人から受ける印象も違います。
街の中だけで活動するのは勿体ない!


教育省でゲットした学校リストによれば、まだ2校、行けそうな村の学校があります。2月になると思いますが、今度は何が待っているのか、訪問するのが今から楽しみです(*^_^*)



オチなし。


おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。