スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年も明けてかなりたちましたが その2

そんなこんなで新年の願掛けをして、体調いいうちに帰る!と言い残し、早々にディエブグを出ました。




8時発のバスもほぼ時間通りに来て、席にもありつけ、あとはワガまでノンストップ。のはずが…





途中途中で、無駄に停車するバス。そして何かを修理する男性たち。




彼らがガチャガチャやっている間も、おさまっていた熱が再び上がってきているのがわかる…だってすげー寒いもの!悪寒だものこれ!!









結局ボロモで完全に動かなくなり、10分だけ停車するはずのバスは1時間待っても発車せず。持っていたパーニュを体に巻き付け、寒さをこらえるも、だんだん視界がボーっとしてくる始末。









その時、ふいに動き出す乗客達!
どうも、後続のバスが追いついてきたので、それに乗り移ろうということらしい。
力を振り絞ってその列に並ぶも、やれ席があるだのないだの、それは俺のツレだのそうじゃないだの、ブルキナべらしさを存分に発揮する乗客達。
結局イライラしながらなんとか席にありつけたものの、座った途端に「あのバス直ったから移動して!!」






前のバスに荷物を乗せたまま後続車に乗り移ったわけのわからん乗客が多数いた模様で、彼らはみんな戻っていきましたが、私はもう限界だったので動かず(動けず)、3つ席を陣取り鞄を枕にしてワガまでひたすら寝る。








…はずが。
行きはこんなんじゃなかったはず!?って位がったがたの道をひた走るバス。これ、本当にワガに向かってるの?と不安になる位、ひたすら赤土道路を、本当に跳ねながら進みました。どうも、舗装道路にするのに工事中だったみたいです。








おかげでほとんど眠れず、体調は悪化の一途をたどるのみ。







ワガについても、ボロモでの停車のために1本乗り過ごし、次は2時間後。調整員さんに届け物があったので、JICA事務所付近まで行こうとするも、1日だからタクシーはほとんど走っておらず。運よく見つけたけど、ぼったくられるし…しかも帰りは見つからなくて、結局バス停まで歩く始末。








ヤコ行きのバスの中もぎゅうぎゅうすぎて眠れず、自転車をとめてある環境省に辿り着いた時にはまさに満身創痍。たまたま環境省にいた同僚たちが、「どうしたのその顔!?」と、新年の挨拶もそこそこに心配してくるような顔つきだったようです。なんとか家に帰り、布らしきものは全て体に巻き付け、冷えピタを貼ってとにかく寝る。寝る。寝る。









結局三が日は熱が下がらず、マラ○アの4文字が頭をかすめましたが、結局単なる風邪だったみたいです。4日の仕事始めは行けました。












こう文章にしてみると、まぁなんて散々な正月だこと。今年はどんな1年になるというのでしょう。









今年はもう、健康第一。これしかありません。







今年もよろしくお願いします。






おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。