スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーブメン1号のこと

ブーメラン?






ブレーメン?







ラーメン?









いやいや、ラーブメンです。



Lave(洗う)‐mains(手) です。



日本語で言うと、なんでしょう、手洗い機?






11月、計20回程通ったある小学校があります。今月もまだちょっと行きます。そこでは、衛生教育をしていました。どうして病気になるの、とか、手洗いの方法とか。





1カ月ほぼ毎日通いながら、子ども達の様子を観察していました。この学校では、各教室にプラスチック製のやかんと石鹸が置いてあります。しかし、私がいくら手洗いの必要性を説いたところで、置いてある石鹸には使われた形跡がない…なんなら、私が教室に入ると、奥のほうからごそごそと石鹸を出してくる始末。しまってちゃ意味ないじゃん!





でも、確かに使いにくいってのはあります。
やかんだと、一人できちんと手を洗うのは難しい。誰かに手伝ってもらわないといけないけど、ブルキナでは10時~10時半の休憩以外はずっと授業が続くので、教室の中で勉強してる子に頼むというのは難しいこと。




そして、そもそも授業中にトイレに行くので、早く教室に戻らないといけません。他の学校ではそれが原因で、トイレに辿り着く前にその辺で野ションする子を多く見ます。
この学校では、トイレを使うことが浸透しているので(野ションを発見したらトイレ掃除1週間という罰がある)それはありませんが、トイレ行ったら手を洗って…なんてやってないで早く教室に入らないと、先生に怒られます。




先生も、手洗いは必要だと言ってはいるけれど、教室に帰ってきた生徒に「手洗いなさい!」と言うわけではありません。個人的には、小学校においてはそれが一番の問題。先生、もっと頑張れよ~(-_-;)






ということで、いくら啓発をしても、なかなか現状は変わらないなと思っていた時、同期隊員・番長のブログで見たもの。それがラーブメンです。



クドゥグの小学校で体育を教えている番長。彼女の活動先の学校にあるというラーブメンの写真を見て、これだ!と思いました。





ラーブメンは、本来全ての小学校に設置してあるべきものですが、高いし、ワガでしか作れないらしく、ヤコ市内では2校しか設置してありません。




先月通い詰めたこの小学校にも、もちろんありません。
他の学校と違って、この小学校では全クラス巡回したこと、校長先生がやる気だったことを考えて、試しにこのメタリックラーブメンを設置してみることにしました。






ラーブメンラーブメン言ってますが、物を見ないとなんのこっちゃという感じだろうと思います。それではラーメンラーブメンのお出まし!!
こちらです。










ラーメン










間違えました。



こちらです。


▼全体。
ラーブメン


▼バケツに蛇口が。
蛇口

▼石鹸入れもつけました。
せっけん入れ

▼重そうだけど意外と軽い蓋。
ふた







本来ラーブメンとは、カナリという大きな素焼きの壺に蛇口を取りつけてあるものですが、クドゥグ発のこのラーブメンは、バケツに蛇口をつけた簡易バージョン。でも、十分事は足りる!それに、本物よりは間違いなく安い!プラスチックでもできるけど、子どもがすぐに壊す恐れがあったので、長持ちするであろうメタル製にすることにしました。




CEBのM.イニャスに相談した所、M.ナルシスといういい職人さんを紹介してくれ、依頼から3日で完成!実際は1日あればできちゃうよってっことでした。



▼クドゥグで腕を磨き、アトリエも所有するというやり手。
ナルシス







そして昨日、学校へ行って設置してきました。


まずは先生方にお披露目。「実用的ね!」「よく出来てる」「家に欲しい」等、概ね好評価。




それから各クラスに使い方の説明。ここでは、校長先生が頑張ってくれ、上のバケツに入ってる水には手を入れるな、とか、出しっぱなしにして遊んだりするんじゃないよ、等、注意事項を厳しく説明。「あらゆる可能性を全部言わないと、先生が注意しなかったじゃんと口答えしてくる」とのことでした。注意書きに書いてないからって、猫をレンジでチンしたアメリカ人みたいではないか(-_-;)


▼校長、張り切ってました。
使用説明





その後、しばらく様子を見ていましたが、まぁ見てたからでしょうけど、みんなトイレに行った後、一応ちゃんと手を洗って教室に戻っていました。


手洗い中


cest propre!






今回は1台しか制作しなかったので、数の問題はあります。授業時間といえども、常に誰かがトイレに行っている状態。なので、私が観察していたほんの30分の間でも、常にラーブメンの前は渋滞!




校長先生は、今年度はもう始まっているので無理だけど、来年度、親の反応等をみて、父母会の予算で増やせるようなら増やしたいという話をしてくれました。




数が足りない、2台目は?と言われるかなと思っていたけど、自分達で調達しようという気持ちを感じられたので、嬉しかったです。




正直、2台目も、3台目も、私は支払うことができます。でも、それをやってしまうと際限がなくなるし、さすがに何十台もとなると出来ません。他の学校だって、きっと欲しいだろうし。





しばらく先生方に様子を観察してもらい、レポートを書いてもらおうと思っています。私が行って見ていることもできなくはないけど、私がいればみんな意識して使うのは明らかなので。








でも。



先生が言えば絶対に洗うんだよねー。子どもが手を洗わないということは、先生が指導していないということなんだよねー。




それに彼らは気がついているのか?子どものせい、親のせいにする発言はよく聞くけれど、自分達も子どもに対してそれなりの責任があると思う…





なーんて言ったら、「忙しくてそんな暇ないわよ!ここは日本じゃないの!!」って怒られそうですが。





まぁでも、ラーブメン1号を置いたことで、何か波が立てばいいなと思います。




おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。