スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バガレレポート その1

今日は、バガレに行ってきました。




ヤコから西へ40キロ、パッソレ県内最西端の郡です。






日本の支援で建てられた学校の完成記念式典があり、日本大使も来るというので、上司が誘ってくれました。






バガレまでの道は、舗装ではなく、ひたすらでこぼこの赤土道路。たまにヤコへ向かうバスなんかとすれ違うと、もう大変。「窓閉めろ!」と上司が言い、一斉に窓を閉めます。でないと、土埃がひどいので。








今回行った学校は、バガレの中心部から4キロ程離れた、カラという村の学校です。









早めに着いたので、県知事のお宅で、各要人が来るのを待っていました。


久々のバガレだったので、ちょっとお散歩。


▼ザ・田舎!って感じのところです。
bagareacute;




すれ違う人に、「ねーいべおごー(こんにちは)」って言ってみたけど、ナッサーラがモレ語を話すと思っていないのか、みんな無視もしくは小声でボンジュールって返されるのみ(-_-;)








誰かに呼ばれたので振り返ったら、もう大使が到着されていて、走って県知事の家に戻る。






大使館の方と、久々に日本語のみでお話!なんて素敵なんだろう、言葉が通じるって!!





トイレはどこですかと聞いたら、ここにはない、県庁まで行っておいでと言われ、大使館の方と一緒に、大使が乗ってこられた車をお借りして県庁まで。

県知事の家にトイレがないって、どういうことなんだろうか…これについては、さすがのブルキナベも苦言を呈していました(-_-;)





お約束通り、予定時間をかなりオーバーして、学校側の準備が整ったということでカラまで移動。





到着すると、日本とブルキナの国旗を持った子どもたちがお出迎え。


▼よく見ると手作りでした(*^_^*)
laccueil.jpg





式典自体は、いつものように偉い人達のご挨拶、合間に伝統ダンスや歌、偉い人に贈り物贈呈、テープカット、植林、食事会、終了。



たまに参加させてもらう各記念式典では、後ろのほうに座っていたんだけど(座らせてもらえること自体ありがたい話なんだが)、今回は最前列に通され、いつも誰かの頭に隠れてよく見えなかった伝統ダンスを、こころゆくまで堪能。


▼いつ練習してるんだろう?
la danse traditionelle




大使へ、羊や乾燥ゴンボの贈り物がありましたが、隣に座っていたブルキナベが「ゴンボをもらっているけど、彼はトーを食べるんだろうか?」と真剣な顔で聞いてきました。確かに、食べてなさそうな気がする…


あと、「彼はあの羊を車に載せて帰るんだろうか?」とも聞かれました。正直、羊一頭もらっても困るよね…結局どうなったんだろう?誰かにあげたんだろうか?



▼問題の羊。







長くなってきたので、



つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。