スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅

19日、ヤコのわが家に戻ってきました。



環境省には、たまたま各郡の森林官たちが来ていて、大人数ではないにしろ中人数でお出迎えしてくれました。



「C’est qui(お前誰だよ)!!」と言いながらも、笑顔で迎えてくれました。ちょっと泣きそうだったー。



久々の環境省、木が大きくなっていたけど、そのほかは何にも変わりません。相変わらずです。




でも、サロンに本棚があって、分類された書類が並んでいました。倉庫にあった書類を、同僚のアダマさんが整理中なのだそうです。どの書類があるかパソコンにデータを保存までしてるそう。まだまだ山のようにあるので、手伝おうと思います。



環境省の人達に挨拶がすんだあとは、調整員さんとDPと一緒に、県庁や市役所、警察、憲兵隊への挨拶まわりをしました。




警察は、3月の学生デモの時に燃やされているので、別の場所に引っ越ししていました。ちょっと街はずれにあります。



県庁や憲兵隊の所は、実は行ったことがありませんでした。でも、今回の退避の経緯や私の紹介など、ぜーんぶDPが話してくれ、とても助かりました。よく考えたら、私ボンジュールしか言ってないわ。



市役所の前では、子どもに「ケイコワタラ!」と声をかけられました。いきなり消えてしまった私のこと、覚えててくれたんですね。嬉しかったなぁ。





そして、どこに行っても、みんなに言われるのが、「テレビ見たよ!」の言葉。


モレ語で「ブルキナ好きです!」と言っていたのが好評だった様子。


街をふらふらしてると、全然知らない人にも、「あー帰ってきたんだねー」と言われます。ほんと、テレビの力って大きいですわ。あの時「仕事だよ!」と声かけていただいて本当良かったです。



つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。