スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退避中の話 その2

まぁなんやかんやで、収穫の時期を迎え始めるわけですけども、



まず白菜の収穫の時は、お母ちゃんが他の農家さんのとこに手伝いに行ってたもので、お父ちゃんと二人でやってました。




私の部屋の窓から白菜畑が見えるんですが、朝起きて外を見るともうお父ちゃんが畑に出てるので、日焼け止めだけ塗って畑へGO。お父ちゃんが切った白菜を、4つずつ箱に詰めます。1箱10キロ?だったか?


▼これはまだ収穫前ですが。私の部屋から見える白菜畑とキャベツ畑。
キャベツと白菜畑




いちご。



今年は手違いにより、いつも作ってるのよりもっとおいしい苺の苗を植えてしまったという事件がありました。本当おいしかったなぁ。収穫しながらむしゃむしゃ食べました。うまうま(^^)v





かぼちゃは、畑から取ってきてヘタを切り取り、切り口を乾燥させた後磨いて箱詰めして出荷です。
でかい私の頭よりもでかいかぼちゃがたまにありましたが、どうしたらこんなんできんのだろうか?とても疑問に思います。




とうきびは、朝のうちにとらないと栄養が茎のほうにいってしまうので、両親は4時起きで収穫していました。さすがにそれにはついていけませんでした。



収穫してきたとうきびを、サイズごとに分けて箱詰めしていきます。とうきび、たくさん食べました。
自分で言うのもなんだけど、ほんとおいしいです。うちのやつらは。今年は特に、自分で種まきしたから、おいしさもひとしおだったのかな?と思ったり、思わなかったり。






しかし、一番やっかいだったのは、キャベツでした。ほんと、ほんと、ほんと厄介。



加工用なので、スーパーで売ってるのより格段にでかいキャベツ(1玉2キロ~4キロ)なんですけど、これを1箱16キロになるように、段ボールに詰めていくわけです。



なかなか16キロにならないことにまず腹が立ちました。15.5キロとか。
それもOKにできちゃえばいいんだろうけど、性格上そういうことができないので(抜き打ちチェックされてたまたまそれに当たったら嫌だし)、「もっと重いの!」と親に偉そうに要求していました。



そして、16キロという重さ。かぼちゃもとうきびも10キロなのに、この16キロは、トラックに積もうとすると、結構腰にきます。1日だけ、午前80箱、午後160箱出荷した日があって、その時は本当に父を恨みました。早く「今日はもう終わり~」と言ってくれ!!と。







中学を卒業して家を出てから、初めてこんなに実家で暮らしました。





先の見えない不安で、若干鬱状態にもなりました。




田んぼで転んで、ドロだらけになって、プチ鬱状態にもなりました。





でも、この4カ月、農民として働いたことは、ブルキナで過ごす時間と同じくらい貴重な時間だったように思います。







親と一緒に、畑と向き合う。



こんなこと、この先きっとないでしょうから。






職種は違うけど、「野菜栽培」の技術補完研修、無事修了したということになるんでしょうか。


それは家族に聞いてみないとわかりません。


稲刈りできずにブルキナに戻ってきてしまったので、修了できてないかもしれません。







そしたらまた、来年帰った時に手伝おうかなと思っています。



お父ちゃんお母ちゃんおばあちゃん、ありがとうございました。


おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。