スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一寸(ちょっと)

協力隊の2年間が終わったらどうするの?





よく聞かれます。日本人からも、ブルキナべからも。








何をするかまだ決めていません。







それを言うと、日本人からは「まだ活動に集中してればいいよね」だの「日本に帰ってからもまだ考え始めてなさそう」だの、もろもろ言われます。






ブルキナべからは、「お前はブルキナに残る!もしくは日本に一旦帰ってブルキナに戻ってくる。」と言われます。これ以外のことは言われません。






その次には「さぁ、誰の嫁さんになるか」が勝手に話し合われます。お婿さん候補がたくさんいてよりどりみどりなのは、これまでの人生を振り返ると本当にありがたいことなのですが、いかんせん誰にも興味を持つことができないのが何よりの問題です。







そんなことはおいといて。









先日、ある方から、「日本に帰ったらずっと北海道にいるの?」と聞かれました。






私は、十中八九そうだね、と答えました。















そうしたら、







わかりませんよ、一寸先はブルキナ、と言いますから。









と言われました。













言わないんですけどね。









最近、何が起こるかわからないんだ人生は、ということを考えさせられる出来事がたくさんたくさんありました。ちょっとここには書けないですが、ここ2週間ばかりのうちに、東北大震災の他にも、心が痛む出来事が立て続けに起こっていたのです。








それを、実に的確に表す言葉が日本語にはあったんだなぁ、と、その人に言われて気がつきました。












一寸先のことは、誰も知らないのです。






闇なのかもしれないし、光なのかもしれない。




北海道かもしれないし、ブルキナかもしれない。













私の一寸先は、どうなっているんでしょう。




そして、みんなの一寸先は。











自分もまだまだちゃんとしていないので偉そうなことは言えないんだけど、


いつか、誰かの一寸先が光に満ちるような、そんなことがしたい、そんな人になりたいものです。








おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

娘に突っ込まれようとも、わかりたいのよ、パパは!わかってあげて笑



年も年なので、具体的なものが見えてこなくて焦る気持ち半分、人生これからだ、まだ大丈夫という気持ち半分…

いやいや、私たちもお年頃ですね。でもきっと、一寸先は光です。

No title

わたしもこの前、お父さんから
「帰ってきたら何をしたいのか分かりません」
と突如メールを送られました。
そりゃ、将来の話なんて語りあったことないんだから
分からんだろう、エスパーじゃあるまいし…とツッコミつつ、
一寸先は光だ!という気持ちで返事を返しときました。
プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。