スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果てしなく長いと思っていた1カ月の語学訓練も、27日をもって終了します。

月並みですが、終わりを迎えてみるとあっという間。

人間の時間間隔の鈍さ(私だけ?)にただただ呆れるのみ。

だってー何にもしてなかったんだものー。



その反省についてはいつぞや書いたので、今日は研修(ほぼ)終了パーティーについて。

月曜夜、ここで過ごすのも最後!ということで、宿泊先から歩いて数分の先生の家にてパーティーがありました。

夕方4時位からみんなで行って、料理をみんなでつくろう!












…って言われて行ったんですが、働き者のブルキナベ女性の前になす術もなく。



調理中


野菜たち




ジャポネ達はたまーに切(らせてもら)ったり、



かきまぜ(させてもらっ)たり、

記念かきまぜ



粉ふる(わせてもら)ったり。

粉ふるい




…ほとんど見てるしかなかったのでした。







ブルキナの主食のひとつ、トーも作成。


▼とうきびの粉が、

とうきびの粉

▼水入れたりお湯入れたりかきまぜたりすると、

カスタードクリームが食べたくなる…

▼こんな感じになります。いたって淡泊なお味。

トー





トーは、ゴンボ(オクラ)ソースと、落花生ソースで。


こんなに入れるよー

▲これ全部入れるのかと思ったら、やっぱ多かったらしい。途中でストップしてた。さすがにねー。



▼大好きなリ・グラも!任地に行ったら作ってみよう。

リ・グラ







まな板ってないのかな?手の上でざくざく切ってました。


あぶないよー…


試そうと思ったけど、どうしても怖くてできず。

熱い鍋も素手でガンガンいくし、本当にブルキナの女性は強い!

2年たったら私も少しは近づけるのでしょうか。






そんなこんなでほぼ100%ブルキナベに作ってもらった晩御飯でした。



うまうま

▲トー、リ・グラ、鶏の唐揚げ。


鶏の唐揚げに関しては、任地での苦い経験があるので一瞬気が引けましたが、

食欲には勝てず、食べてしまいました。現時点ではお腹のほうもまだ大丈夫な模様。





ブルキナベは楽しいことが大好き。

やれ歌え(ブルキナに津軽海峡が流れたよ!)、やれ踊れ、やれ物まねだ、と、始終わいわいしてました。




そのステップ何!?っていうダンスをみんな普通に踊ってるし、

リズムとってるだけでサマになるし(スタイルの問題??)、

ブルキナベ、みんな本当に素敵でした。







火曜の午前中で授業も終了。あとはドミに帰ってオリエンテーションと、予防接種と、ひたすら引っ越し準備に追われる予定。

そして8月3日~ヤコで一人になる予定。








先生方にも、ホテルの人にも、今日料理作ってくれたマダム達にも、みんなに感謝。


ありがとう。

















最後に。









威風堂々





よく見ると…









おわり。
スポンサーサイト

日曜、早朝、晴れ。

日曜日。







いつもなら8時過ぎまでだらだらとしているところなんですが、


今朝は5時前から無駄に目が覚めてしまって、さらにどうにも二度寝ができませんでした。










6時すぎ。とりあえず洗濯。ここ数日雨ばかりだったので、たまりにたまっておりました。


干そうと思って外に出てみると、なんとも気持ちの良い青空!



朝の感じ





部屋に戻ってDVDでも見ようかなーと思ってたけど、


あまりにも気持ちが良いので、ペンションに隣接するマルシェに散歩に行くことに。









「何探してるの?」とマダム達が声をかけてくれましたが(優しい!)、


「散歩してるだけ」と言うと、いぶかしげな顔をしてました。



永沢くん

↑白いたまねぎがあったよー。






そういえば日焼け止め塗ってなかった!とあわててペンションに戻ろうとした道すがら、


人だかりが出来てる一角がありました。


フランスパンが山積みになってて、どうもサンドイッチ屋さんのよう。


中に挟まってるものが気になって覗き込んでいると、


マダムが「魚よ!」と教えてくれました。


お金持ってなかったしお腹の調子も良くなかったので、そのまま帰ろうとしたら、




「味見していきなさいよ!」


「いや、お金持ってないんだわ」


「いいのよ、プレゼント!」






…いただいちゃいました!いいの!?

cest bon!


魚っていうからちょっとビビってたんだけど、ほとんどツナでした。うまうま。


トマトとか玉ねぎとかと一緒に煮込んでフィリングを作ってました。


↓その優しいマダム。「ポーズは取らなくていいの?」って言ってた。自然体が一番よー。

サンドイッチ屋さん









そんな感じでちゃっかり朝食をゲット(研修中も日曜は食事ついてない)し、


人のあったかさに触れて、









早起きは三文の徳ってほんとなんだなー








としみじみしたのでした。




空





おわり。

BGM;少年時代

基本どこかへお出かけすることになっている土曜日。


先週は任地訪問だったけど、今週は首都・ワガドゥグ市内の学校と公園へ。





まずは、ブルキナ唯一の大学、ワガドゥグ大学へ。


北大以上のひろーいキャンパス!


大学の一角

↑こんな感じの建物があっちこっちにあって、バイクや自転車がずらーっと並んでました。

それを見ると、バイク通学が圧倒的に多いみたいです。

ブルキナでは子どももバイク乗れるんだって。扱いきれるの?と思うけど。



授業風景

↑教室は日本の大学と同じ感じだった。

↓一応バリアフリーなんでしょうか。

一応…?



あっちこっちに出店があって、文房具とか本とかサングラスとか、いろんなものを売ってました。


文房具屋さん

↑これは文房具屋さん。

↓なぜか日本語!でも怪しい…

ジャポネ?


↓環境学部(と訳すかは知らないけど)もありました。

環境学部?

↓環境学部の前にあった謎のオブジェ。本を読む謎のおっさんの顔が絶妙でした。

おっさんの顔が…

校内の畑

↑畑もあった。とうきびと、背の低いのはオクラだって。







次に行ったのが、市内にある自然公園。国立?なのか?

バイクだの人だの、とにかくガヤガヤしてるワガ市内とは思えない、自然いっぱいのところ。

昨日まで雨がすごかったので、なんだかジャングルっぽくなってました。

雨の後だから?


久々に緑に囲まれて癒されたなー。






そしてそしてサプライズ!


↓孔雀がいたー!!

孔雀?


逆光であんま色味がわからんのだけど…

野生なのかどうかはわからんのだけど…


とりあえずこんな大きな鳥が頭上にいるというのはなんとも不思議な感覚。

ジュラシックパークを思い出しました。鳥みたいな恐竜で結構襲い方エグいのがいた気が。






移動中、貯水池も通りました。

貯水池


ブルキナでも湖っぽいのは見られるんだなー。

でもあたしゃやっぱり洞爺湖が見たいよ。うんうん。





公園の後は、市内で一番大きいという高校へ。

バカンス中でひとっこ一人いませんでしたが。

今私たちに教えてくれている先生のうち2人は、普段はここの先生なんだそうです。

女の子の方が熱心に勉強するよ~ と言ってました。



万国共通

↑外にあった謎の黒板。絶対値、とか書いてありました。何だっけそれ。





その後お昼すぎにペンションに帰り、昼寝のあと、

同期と一緒にまたまた布屋さんへ繰り出し、pagneを2種類購入。

その足でタイヤーさんに行き、お願いしてきました。

ワガで仕立てるのは最後かも。あとは欲しければ任地で仕立てることになるかと思います。

今度はどんなのが出来るかな?









実は金曜に突然胃が反乱を起こし、定期的に襲ってくる胃の痛みと闘いながらのお出かけでした。


でも、語学訓練最後の土曜日、


みんなでお出かけするなんてもうないだろうなぁ、と思うと、


なんだか感慨深くなっていたりするのでした。






明日は日曜日。


何しよっかなぁ。


どうでしょう見勉強しないとなぁ。




おわり。

父はメールにこう書きました。










「あっという間に過ぎ去る時間を大切にしよう。あと子猫8匹元気です。」










と。






後半のくだりは全く関係ありませんが。













日本を出て、もう1カ月。








右も左もわからない初めてのアフリカ大陸。



最低限の言語能力しか持ちあわせておらず、ブルキナファソという国の勝手もわからず、



それでも今日までそれなりに楽しくやってこれたのは、



今自分が最高に守られた環境にいるからじゃないかと思います。







勉強する環境が整えられていて、


個室をあてがわれて、食事も3食きちんと出て、


水道も(濁ってるけど)自由に使えて、停電も0に近く、ネットまで出来る。


そして何より、毎日日本語を話してる。話すことのできる仲間がいる。


なんだかこう書くと、駒ケ根と変わらないような気も。











でも、1歩ホテルの外に出ると、ここは確かにブルキナファソなんだと実感するわけで。


なんだか不思議な環境にいるなぁ、と思います。














でも、1/24が終了してしまった。




本当に、あっという間に。











何をしてきたのか振り返った時、




「慣れること」、それだけしかなかった。







気候に慣れる。水に慣れる。食べ物に慣れる。






それだけを考えた結果、自分を甘やかし、環境に甘えていた。














でも、来月には任地で本当にひとり。


そして、仕事が始まるわけで。













きっと、また慣れることに必死になってしまうのかもしれないけど、


それだけではない、次の月につながる何かをしたいなぁ。














だって、父の言うことは正しいから。


















母もね。











まだゴムの活用方法は見出せてませんが。











おわり。

郷に従った結果

こないだの土曜日にタイヤーさんにお願いしていたブルキナ服、


今日の昼休みに、同期隊員と一緒に引き取りにいってきました。








基本的に、柄物を着る習慣がない私ですが、



基本的に、スカートの類を身に付ける習慣がない私ですが、










もうなんでしょう、ブルキナマジック?



うん、そういうことで勘弁していただきたいと思います。



いいじゃない、ここは日本じゃないんだもの。郷に入ってはなんとやら。






ということで。












その1。


初アフリカ服!


まさかのワンピース!日本でも数回しか着たことがないのにー。


これ以上マタニティ化しないようにウエストまわりをしぼらねばなりませぬ。


横の木はシトロン(レモン)。


この写真を撮ってくれた同期隊員Sが突然『な・つ・のお嬢さん~♪』と歌いだす中、















その2。







初アフリカ服2


こちらはツーピース。


この布は、私がブルキナで初めて買った思い出の品でございます。高かったけど!











この子達を着ることのできない体にならないように、


むしろちょっとゆるいわ~と言えるように、


自己管理しないばなんないなぁ、と肝に銘じたのも束の間、



















夕飯のリ・グラをしっかりおかわりしてしまうのでした。



へへ。















おわり。
プロフィール

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。