スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BURKINA FASO

6月20日朝6時、羽田空港に帰還しました。





ブルキナ→フランスの経由地ニジェールにて、豪雨により出発が遅れましたが、
体調を崩すこともなく元気に帰国。



最初に食べたのは、羽田食堂の朝食御前!鮭も納豆も、ぜ~んぶおいしかった☆







退避の時と違い、きちんとお別れをしてこれたので、
次いつ会えるんだろっていう寂しさはあったけど、
「またね」と、大好きな人たちと笑顔でお別れをすることができました。





今度は日本に腰を据えて頑張ろうという前向きな気持ちで今は一杯です。





誰とでも挨拶やおしゃべりをしない



みんな携帯ばっかり見てる



子どもにちょっかいかけることもできない



暗い顔してせかせか歩いてる









東京にいると、なんだか変なところばかり目についてしまいます。






ブルキナでは、み~んなに挨拶して、どうでもいい会話をして、
のんびりご飯を食べて、
知らない子でも遊んで、悪いことしたらばしっと叱って…




ブルキナと比べてしまうことばかり。


北海道に帰ったら、ちょっとは変わるかしら。
















ブルキナファソという国は、たくさん言い訳のできる国です。


お金がない、やる気がない、人がいない、だからできない。


いくらでも「できない言い訳」を探せる国です。






たいしたことはできなかったかもしれないけど、


そんな国の中で、自分ができることを頑張ってきたよと胸を張って北海道に帰ろうと思います。







そしてそれは、自分の力だけではなくて、


家族や友人、同期、ブルキナファソで一番多くの時間を共有したヤコのブルキナベ達、


いろんな人の支えのおかげです。











たくさんの荷物や手紙、励ましの言葉を送ってくれた家族、




ブログを読んで励ましてくれた友人、




騒がしいし馬鹿なこともたくさんするけど、2年間厳しい環境の中共に頑張ったブルキナ同期達、




私を変えてくれたブルキナベ達。








書き尽くせない程の感謝の気持ちでいっぱいです。




私は、この2年間を、ブルキナファソという国で過ごすことができて本当に本当に幸せでした。







たくさんの思い出や経験を糧に、これからの人生をより充実したものにしていきたいと思います。


せっかくかじったフランス語も、がんばります。



そしてこれからも、ブルキナファソという国のことを応援していきます。



私の大好きな人たちのいる、あの素敵な国のことを、もっともっといろんな人に知ってほしいから。











このブログは今回で終わろうと思います。

写真をもっと載せたかったな~。







2年間読んで下さり、ありがとうございました!!






Merci beaucoup et à la prochaine!!

Barka usugo, nindaaré!!





Drapeau du Burkina_Faso







本当に




おわり。
スポンサーサイト

さよなら

あと3時間後、いよいよブルキナを離れます。





親しかった人に会ったり、電話したり、荷物をパッキングしたり、ばたばたと過ごしたこの1週間。







私は、この国に来ることができて本当に良かったです。









いいことばかりではなかったけど、日本ではできない経験をたくさんして、大切な人にたくさん出会えました。







アフリカというと、貧困とか飢餓とか、後は動物とか?そんなイメージくらいしかないのではないかと思います。



実際、ブルキナも昨年、軍によるデモが起こり、国外退避という経験をしました。「西アフリカ一安全」と言われていたブルキナでも、簡単に世の中がひっくり返ってしまうということを実感しました。






「やっぱりアフリカって危険」




私が日本に帰った時、そう思った人もいるかもしれません。









でも、本当のアフリカは違います。それもアフリカの一面、でも、それだけではありません。






とてもダイナミックで、ゆったりと過ぎる時間の中にも起伏があって。






小さなことには微動だにしない、大きな心を教えてくれる場所。









アフリカの水を飲んだ者は必ずアフリカに帰る







と言いますが、まだブルキナを離れてない今から、「私はここに戻ってくるだろうな」という気がしています。






日本から遠く離れているけれど、大切な人のたくさんいる場所。





人生の中の2年間という長い時間を、幸せな気持ちで過ごすことができた場所。







また戻ってきたい、心から、そう強く思える場所。















ありがとうブルキナファソ。






日本で頑張って、また会いに来ます!!





おわり。

最後のフェット

今日は、後輩隊次のみんながお別れ会を開いてくれました。
マリからの振り替えで先日ブルキナに到着した2人の新隊員の歓迎会も兼ねていました。




流れ天才シェフ・ヤッピーの指揮のもと、ブルキナでできるんだ!っていう超ハイレベルな中華の数々!





ブルキナ隊が誇るアイドル、ブー娘。(ブルキナ娘。ブサイクのブではありません!)のファン感謝祭もあり、非常に楽しいひと時でした。







ほんの3カ月前、一つ前の隊次の先輩と、現職参加の同期を送りだしたと思ったら、あっという間に自分の番になってしまいました。





この3カ月、全力で走ってきた、そんな感じ。振り返ると、すごく忙しかったけど、これまでとは違う、強い気持ちで活動にのぞめていたような気がします。悩んでいる暇もなかったような、そんな感じ。残り時間の短さを実感したからなのかな。











私は、協力隊としてアフリカに来ることが夢で、実際にこうして来ることができたことは、本当に幸せなことだと思います。








1人では何もできない自分にがっかりしたけど、それでいいんだと思えたのは一緒に働いたブルキナべのおかげです。






いくらブルキナべが好きといっても、ちょっとブルキナに疲れてもまたやる気を取り戻すことができたのは、ブルキナ隊のみんなのおかげです。






活動に行き詰って、沈んでいる時でも、自分で光を見つけようともがくことができたのは、常に前向きに励ましてくれた調整員さんのおかげです。








そして、自分の決めた道を2年間ひたむきに頑張ろうという強い決意を持てたのは、日本にいる家族や友人のおかげです。









私は弱い人間で、自分に甘く、わがまま。前は、自分が大嫌いでした。楽しそうにしている人が、羨ましかった。その人にも悩みはあるんだろうけど、そんなことは考えられなくて、自分だけが大変なような、そんな気がしていました。また、そう思ってしまう自分も大嫌いでした。







でも、協力隊に合格した2009年を境に、たくさんの人に出会って、たくさんの経験をすることができました。足かけ3年、とてつもなく濃い時間を、とてつもなく濃い人たちと過ごさせてもらいました。





今は、こんな自分でもいいかなと思えるようになりました。



歳の割におばさんくさいと言われ、横綱だか小結と言われ、なんだかなぁと思うことはブルキナにいても多々ありました。




でも、前の自分よりは、今の自分のほうがずっと好きです。夢だったことの一つをやり終えて、後悔も反省もあるけど、ちょっとはたくましくなれたような気がします。心だけでなく体もですが(-_-;)






アリガトウを伝えきれないのが、今とても辛いです。自分のつたない言葉では、日本人にもブルキナべにも伝えきれません。その位、今感謝の気持ちでいっぱいです。







ブルキナを去ることは、とても寂しいです。
でも、私はブルキナのファンになりました。これからもずっと、ブルキナのことを応援していきます。そうすることが、私にできる恩返しだと思うから。






残り、あと1日。ブルキナの空気をたくさん吸い込んで、明日の夜、日本に向けて旅立ちます。




おわり。

ワガの生活

ワガでは、やらなければならない大事なことがあります。最終上京の次の日は、外務省表敬!




もちろんフランス語での発表。プレゼン資料はあるけど、ま~緊張!10分程度の発表ではあるんだけど(-_-;)
発表順は一番最後だったので、参加者はもう疲れてダルダル。ヤコで作ったエコバロンを持って行ったりしたけど、ちゃんとメッセージを伝えられたかは疑問です。




でもこの日は、会いたかったけど会えなかった、ワイグヤのDRが環境省代表で来てくれていました!


会議室に入った時は気がつかなくて、しばらくして部屋の中を見渡した時「…?あ、マダム!!」



全然周りが見えてなかったんだと反省。でも、DRはとっても優しいので「緊張してるのね!頑張って!」









発表がぜ~んぶ終わった後は、プチレセプションがあり、DRから「ちゃんと話せてたわよ!」とお褒めの言葉!そしてその最中、同期KOMIYAと一緒にブルキナのテレビ局・RTBのインタビューを受けました。




その日のうちに放送されたらしく、知り合いから「モレ語で話してたね!ブルキナにまた戻ってくるって!!」と電話多数。







「じゃ、俺結婚しないで待ってるから!!」







こんな冗談も、今ならかわいいなと思えます。

彼の幸せな結婚(自分とではない)を願ってやみません。










外務省表敬の後2日間は、ちょっとフリーな時間。同期と一緒におみやげ物を買ったり、荷物を送ったり。フリーだったけど、あまり休む暇なく動いていたかも。







そして金曜日は、JICA事務所での最終報告。これは日本語なので、外務省よりは緊張せず。









これで2年間の全てが終わったんだな、と、ほっとしたような寂しいような。










まだお別れを言えていない人もワガにいるので、帰るまでにそれをきちんとして、すっきり日本に帰ろうと思います。







さぁ、あと2日です。




おわり。

旅立ちの日

朝4時に起きてパッキングして、まだ行けていなかった学校に挨拶に行き、DPが車で荷物を取りに迎えに来てくれて、その足でいろんな所にまた挨拶。


タイヤ―さんに頼んでいた短パンを取りに行って、あっという間にバスの時間。仕事が忙しくて来れないかもと言っていたDPのマダムも仕事場からわざわざ来てくれました。



環境省を出る時、ローズが泣いていました。ブルキナべが泣いてるのを見るのって初めてかも。もらい泣きしそうになりました。




バス停のおにいちゃん達も「久々に来たと思ったらもう帰国なのか!」とブーブー。
片道切符を買った時、「もうヤコに帰ってこないの?」と言われ、また泣きそうに。



バスは20分遅れで到着して、あれよあれよという間に出発してしまいました。



涙腺はついにゆるくなっていたので、もっと泣くかな~と思ったけど、意外とあっさり。バスが満席だったので泣く環境でもなかったというのもありますが。



もうここには戻ってこないんだ、みんなにもう会えないんだ、って思う度、涙がこみあげてきそうになりました。でも、会いたいという気持ちがあれば、元気でいればいつかは会えるから…ちょっとセンチメンタルになりつつ、ここ数日の疲れのせいでソッコー爆睡(゜o゜)気が付いたらワガ!!





正直ワガは好きじゃないし、ヤコみたいに会いたい人がたくさんいるわけでもない。なんだか、ヤコを離れた瞬間、一気に日本に帰りたくなりました。



でも、もうちょっとブルキナの空気を吸っていたい、そんな気持ちも半分。




本当に終わってしまうんだなぁ。長い長いと思っていた、夢のような2年間。




おわり。

おひっこし

感動の送別会から一夜明けて、引っ越し準備を開始しました。おそい?





でもその前に、お世話になった学校、人達のところへ挨拶まわり。前日興奮して眠れなかった上に全部チャリ移動なので、段々頭痛が…(-_-;)





土曜日には上司の娘やその友人達が、私のいらないもの狙いでお手伝いに来てくれました。掃除をするかたわら「ケイコ、これ何?いらないならちょうだい」と、何度言われたことか!!





全然知らない近所の人が、「私にプレゼントはないの?」と尋ねてきたり、イラッとすることがこの2年間で一番多かった日かも!!





土曜日の夜は、同僚数名が個人的な送別会を開いてくれて、ヤコのダンシングバー・ウェンドパンガⅡへ!!ブルキナの恥はかき捨て、ということで、楽しくダンシング。






日曜日は、朝から環境省の秘書・ローズが手伝いに来てくれ、必死にお掃除。午前中であらかた片付いたので、午後はまた挨拶まわり。





仲良しだった先生の子ども、ジョリアが「タンティワタラが来た!」と言って喜んでくれたけど、「もう日本に帰るから、しばらく遊びには来れないよ」と言うとションボリ!!!ションボリというかもうグッタリ!!!ごめんねジョリア~(>_<)




夜までさんざん挨拶まわりをして、いろんな人に「またね」と言う度に、自分はほんとに明日ヤコからいなくなるのかな?嘘なんじゃない?って思いました。




日曜の夜、最後に環境省に行きました。







上司の娘、グラス。クソ生意気だけど、私の妹みたいだったグラス。




私の机の横にある書類入れに、いつだったか落書きをしていて、「何してんの!」って怒ったけど、






「bureau de Keiko Ouatari」






ケイコの机、そう書いてくれたグラス。




私は、確かにここにいて、環境省の一人として、外国人だけど、家族のような存在として、彼女は受け止めてくれたのかな、そう思いました。




本当に、ここを離れることが寂しくて、もっとみんなのそばにいたくて、とっても悲しくなりました。




bureau.jpg




おわり。

最終報告会

6月7日には、環境省で最終報告がありました。それまでは学校巡回を継続していて、簡易手洗い機やサッカーボールを子どもや先生と一緒に作っていました。




最終報告会は、これまで一回も会ったことがなかった市役所のSG、二人のアンスペクター、教育省の方が来てくれ、こじんまりした感じではあったけど、終始なごやかに終了。





同僚のアダマさんに散々フランス語をなおしてもらった資料を手に、学校でやっていた授業を再現したり、緊張したけど結構楽しかった!1人で話すだけでは寂しいので、聞いてくれている人に質問を投げかけたり、できるだけ楽しくなるように工夫しました。





結局30分くらい話していたみたい。話したいことがたくさんあって、発表の最中は夢中だったけど、そんなに時間がたっていたとは。




本当は、自分の中にもっとブルキナべに言いたいこと(言ってやりたいことというか…)があったんだけど、言いきれませんでした。





発表が終わった後は、参加してくれた方からのコメント。



「ワタリはよくやった。帰るのが惜しい」
「一緒に働けて良かった」




なんて声があがりました。


帰国を惜しんでくれるのは嬉しいね、やはり。






でも、今回は市役所のSGが来ていたので、話がヤコのゴミ問題になると、みんなの批判の対象がSGに!ヤコの市役所はゴミ問題に対して全く動いていなくて、日頃から非難されているのですが、この日は私自身も発表の中で行政が積極的に関与していくべきだという話をしたということもあり、よけいにみんなが批判しやすい環境になっていた様子(゜o゜)がんばれSG!!


▼報告会の後の1枚。
FIN.jpg





この報告会の後、調整員さんが、私がやっていたエコバロンのプロモーションビデオを作りたいとのことで、いろんな人にコメントをもらいにいきました。これ、数日前にアイディアを聞かされ、急遽作ることになったもの。作ってくれていたタイヤ―さんや、応援してくれていたアンスペクターなど、昼休みが終わってしまう前にと、急いで撮影に向かいました。



調整員さんが帰った後、夕方からある私の送別会の準備!カレーを振舞おうという予定だったので、急いで家に帰り、同僚に鍋や材料を取りに家まで来てもらいつつ、残りの野菜を切ったりなんだり。





ダッシュで環境省に向かい、以前研修で作った改良かまどでカレー作り!!風向きが安定しなくて、火が消えたり煙に泣かされたりしながら、なんとか招待客が到着するまでに調理は完了。






私が料理している間も、各郡からやってきた環境省の同僚達は椅子や机を拭いたり並べたり、みんな小忙しそうに働いてくれました。ばっちり平日なのに、「今日は仕事なし!!」と言いながら準備をしてくれるみんなを見て、嬉しくもあり、ちょっと切なくもなり。





送別会には、巡回した学校の校長先生、アンスペクター、DPEBA、Haut Comissaire(パッソレ県で一番偉い人)、そして環境省の同僚たち。お世話になったな~って思う顔ぶればかりで、来てくれただけでもうウルウルしてしまいました。






ジュースにビール、プレ、ブロシェットなど、ブルキナでは主役が率先して給仕する習慣があるので、来てくれてありがとうね~と言いながら順番に給仕!



▼同僚が撮った1枚。見事に手が入ってしまっているのがブルキナ流!
servir.jpg




「俺はその部位は嫌だ」
「ピーマン(唐辛子のこと)はそんなにいらない」


など、相変わらず文句ばっかりのブルキナべ!でも、これで最後か~と考えるとそれすらかわいく見えてくるから不思議。





後半には、いろんな人からプレゼントをいただき、涙腺の緩みもマックス!






そこに持ってきて最後にギターで歌を歌うことになり、



♪予定時刻は~



で大号泣!いろんな感情がこみあげて来て、歌えなくなってしまいました。ま、それ見てみんな大爆笑なんだけど(-_-;)







ありがとうの気持ち、そしてここを離れたくない、ここにいてみんなと同じ時間をもう少しだけ過ごしたいという気持ちが溢れてきて、涙が止まらなくなってしまいました。人前でこんなに号泣したのは何年ぶり!?




これまでの2年間、退避もあったけど、ブルキナに来て、ヤコに来て、本当に良かったなって思いました。もちろん嫌な人もいるけど、私はみんなが大好きです。







暖かく受け入れてくれ、暖かく送りだしてくれたヤコの人たち。本当にありがとう!!



おわり。

また久々の(+_+)

こんなに忙しい日々を送ったことないくらい忙しかった!!




実はもう任地ヤコを離れ、首都ワガドゥグに滞在中です。





ブルキナを発つのは18日の月曜日。あっという間にこんなところまで来てしまいました。





ブログも全然更新できなかったので、最近の報告を。












ヤコを去る日がどんどん近付く中で、同僚からちょいちょいかけられていたあるプレッシャーをはねとばそうと決意しました。





何のことかというと、「日本食を作る」こと!!








うちには大人数呼ぶキャパはないしな~と思っているうちにこんなところまで来てしまったので、どうするか散々悩んだ結果、環境省で料理をすることにしました。






環境省には以前研修で作った改良かまどがあるので、それ使えばいいじゃんと。







1日目はおもち。2日目はかきあげ。3日目はお好み焼き。かきあげとお好み焼きはほとんど材料一緒だけど(-_-;)









11時位のおなかがすき始める時間を狙って、10時半位から準備開始。けむりに泣かされながら火をおこして、おもむろに調理開始!




kamado.jpg




moti.jpg



みんな、何が始まるのかと興味津々。
固いままのおもちを見て「これ何?」「このまま食べるの?」そのまま味見させてみたら、とっても変な顔をしてくれました(*^_^*)







砂糖醤油は受けるのか?心配だったけど、砂糖醤油+きな粉は大ウケ!おいし~と言って、アブドゥさんなんか何個も食べていました。口のまわりに粉つけて(*^_^*)






かきあげも、これは食べ物なのか?という疑問を投げかけられつつ試食させてみると、「セボ~ン(おいしい)♪」







でも一番ウケたのはお好み焼きかな?日本のソースも大好評!












でも、アブドゥさんに「もう作るなよ」と言われました。






「だって、もうすぐでケイコはいなくなっちゃうのに、そしたら誰が作ってくれるんだ?」











そう、それを聞いて、



自分が永遠にここにいるような気が、




ずっとここにいて、大好きなみんなとわいわい楽しく過ごせるような気が、




そんな気がしていたのは幻だったんだなと思いました。







私は外国人で、2年間の契約で、それが終わろうとしているんだってことを、じわじわと実感し始めたのでした。






おわり。
プロフィール

わたり けいこ

Author:わたり けいこ
海と緑と太陽のまち、豊浦町から、
赤土とちょっとだけ緑と太陽の国、ブルキナファソへ。

環境教育隊員として、首都から北西100キロ、ヤコ市で活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。